【在来木造用】「耐震+制震」のV-RECS

ロビンスジャパンが地震に強い木造住宅を求めたらV-RECS(SG)工法になりました。
V-RECS(SG)は軽量、コンパクト化と低価格を実現しました。耐震構造に制震性能をプラスして、家族が安心して暮らせる家づくりを支えます。

ハウジングの専門家が認めるカネシンの技術と製品、戸建住宅用制振部材部門1位

日経ホームビルダーの読者などを対象に行われた「採用したい部材・設備メーカーランキング2015」アンケート調査で、カネシンは戸建て住宅用制振部材部門で第一位を受賞しました。
V-RECS2x4SG施主向けチラシ20160530

V-RECS(SG)効果、概要

耐震+制震構造

耐震構造に制振装置をプラスすることで、地震の揺れを吸収、抑制する構造
■制震装置が地震エネルギーを吸収するため、耐震構造のみと比べて揺れは小さい
■建物の倒壊を防ぐだけでなく、壁などの損傷も抑えることができる
■建物の復元力が高いため繰り返す余震に効果的

耐震構造のみだと・・・
筋かい等の耐力壁を配置し、建物を強くすることで地震に耐える構造
■手手物が地震エネルギーをそのまま受け止めるため、揺れは大きくなりやすい
■建物の倒壊を防ぐが、壁などに損傷を受ける可能性がある
m2

V-RECS(SG)の進化

m3

①作業時間の短縮

V-RECS(SG)の軽量・コンパクト化、取り付け部品数の減少などにより、作業時間は30%短縮されました。また、特殊な加工もなく、取り付け説明書をみるだけで、簡単に設置できます。

②製品価格の大幅ダウン

小型化、軽量化したことで、制震性能を維持しながら製品価格の大幅ダウンを実現しました。製品価格の大幅ダウンと共に作業時間の短縮ができます。

③メンテナンスフリー

V-RECS(SG)ダンパーに使用される高減衰ゴムは、劣化促進試験により60年経ってもほとんど性能が変わらないことを確認。そのため、メンテナンスが不要で、温度による性能変化も少ないため、幅広い地域でご使用いただけます。

④新築だけでなく、リフォームにも対応

V-RECS(SG)は、ダンパーの幅を80㎜にしたことで、既存住宅にも設置しやすくなりました。耐震リフォームの時に制震装置を設置すれば、より地震に強い住まいが実現できます。
※リフォーム時は木材のサイズにより耐力壁と併用できない場合があります。
m4

V-RECS2x4(SG)の制震力

V型は変形抑制効果を引き出す力学形状

ダンパーが一番効率よく働く位置を探していくと、上下のV型アームの頂点にダンパーを置いた形状が最適で、建物の変形を効率よく回転運動に変換し、高い変形抑制効果を発揮します。

一般ゴムと高減衰ゴムの比較

一般ゴムの球と高減衰ゴムの球を同時に同じ高さから落とすと、一般ゴムは弾むのに対して高減衰ゴムはほとんど弾みません。これは高減衰ゴムが落下の運動エネルギーを熱エネルギーに変換し、衝撃を吸収するためです。
V-RECS2x4SG施主向けチラシ20160530

V-RECS(SG)制震メカニズム

①地震エネルギーがV-RECS(SG)アームへ

地震のエネルギーが建物に加わると柱に装着したV-RECS(SG)アームAに圧縮、Bに引張の力がかかります。

②V-RECS(SG)アームの力がダンパーへ

V-RECS(SG)アームA、Bにかかった力が、V-RECS(SG)ダンパーCを押し込むと同時にV-RECS(SG)アームBを押しあげ回転運動に変換します。

③高減衰ゴムが変形

V-RECS(SG)ダンパーとCとDは高減衰ゴムで接合されており、Cの回転により高減衰ゴムがせん断変形します。

④地震エネルギーを吸収

震動エネルギーを高減衰ゴムがせん断変形して熱エネルギーに変換し、建物の揺れを吸収します。

実験データが実証する制震力

V-RECS(SG)を設置した場合と、設置しない場合を実大実験で比較することで、建物の変形抑制効果が実証されました。また、この実験結果は応答解析の変形抑制効果と同等となり、応答解析結果の信頼性が確認できました。


※実験終了後の様子
柱の引き抜きを抑える接合金物です。20回加振しても、金物の変形やビス、ナットの緩みがありませんでした。

地震の揺れを約60%軽減

グラフは青い線がV-RECS(SG)なしの時の揺れ、赤い線がV-RECS(SG)を4枚設置したときの揺れを示しています。V-RECS(SG)を設置することで、約60%の変形抑制効果が確認できました。

※変形抑制効果は、建物形状、配置プラン、地震波によって異なります。

■変形抑制効果とは
変形抑制効果は2階の床の揺れ幅を基準に測定します。例えば揺れ幅100㎜に対して、60%の変形抑制効果は40㎜の揺れ幅に抑制されたことを示します。

※イラストはイメージです。

V-RECS(SG)の安心設計

内周部の配置が安心感とデザイン性の両立を可能にしました。
V-RECS(SG)は1階に設置します。設置数は、変形抑制効果やコストによって増減することは可能です。

V-RECS(SG)の設置例


赤の線がV-RECS(SG)の設置位置です。
延床面積 59㎡
設置数 X方向2枚 Y方向2枚
変形抑制効果59%
※BCJ-L250kine時の変形抑制効果

省令準耐火構造に対応

省令準耐火構造に対応した「V-RECS(SG)-省令準耐火仕様」は、住宅金融支援機構の承認を取得しています。省令準耐火構造にV-RECS(SG)を設置する場合、間柱のファイヤーストップ材としての機能を補うためにグラスウールを施工します。

もっと詳しく知りたい方は・・・

お気軽にこちらからお問い合わせください。